みちのくルカサーのブログ

音楽、ギター、機材等について綴るブログ

機材紹介(真空管 Buffer/Booster)

どうも、みちのくルカサーです。ここ最近、パッシブ・タイプ・ピックアップのギターを弾く機会が増えてますが、その際、真空管 Buffer/Booster(↓これ↓)が 手放せません。EMG(アクティブ・タイプ・ピックアップ)を使用する時に出番がありませんでしたが、最近は、大活躍!(バッファーは、何台か保有しておりますが、最近は(↓これ↓)が 特にお気に入りです。)

Lee Custom Amplifier/12AU7 Tube Buffer/Booster

小型サイズのボディに JJ Electronic 製 真空管:12AU7(ECC82)を搭載。ボリューム:Min.状態で バッファー、Min. から上げると自動的にブースター回路(最大+20dB, 10倍)に切り替わります。(販売当時は、売切れ続出で、なかなかお目にかかることが出来ませんでしたが、最近は、島村楽器さん等で入手可能ですね。)

現在(宅録時に)Strymon IRIDIUM(round:Fender Deluxe Reverb Mode)の前に接続しておりますが、バッファーで使用した時は 音に煌びやかさを、ブースターで使用した場合(Strymon IRIDIUM Gain 3時)は、Dumbleっぽい歪みとになり、ゴキゲンなサウンドを演出してくれます。(尚、クリーン・サウンドに対しては、クリーン・ブースターとして、ハリのあるサウンドを提供してくれます。)

Lee Custom Amplifier/12AU7 Tube Buffer/Booster 有無のサウンドは、この動画をチェック(聞き比べ)してみてください。(有無で、こんなにも変わります!)

www.youtube.com

真空管バッファーは、JCをはじめとするトランジスタアンプの独特の硬さ対策、マルチ・エフェクターのデジタルくささ対策にも効果的なようで、多方面で活躍してくれそうな機材です。以前に、鈴木健治さんが YouTube でご紹介された動画にて、このバッファーの良さが分かるかと思います。是非、ご覧になって下さいね。

www.youtube.com

隠し味として真空管サウンドを付与したい場合、非常に効果的です。地味に効果を発揮する縁の下の力持ち的な真空管バッファー、オススメですぅ!

 

注目機材 ・・・ Fender Made in Japan ギター

どうも、みちのくルカサーです。ここ最近、Fender Made in Japan の ギターに注目しております。最近の Fender Made in Japan は、なかなか面白い(モダンな)シリーズが増え、又、以前よりクオリティーが上がった(個人的な感想)気がします。個人的には、Fender Made in Japan Hybrid Ⅱ を 特に注目しております。

「MADE IN JAPAN HYBRID」のコンセプトは、『 完成された伝統的なヴィンテージ・ルックスを纏いながら、現代のプレイヤーを満足させるモダンなプレイ・アビリティを搭載したギター 』との事。Suhr , James Tyler , Tom Anderson 等のモダン・ギターが好きな方には、響くモデル(私には、響いております・・・)かと思います。写真は、2024年度限定生産モデルとの事ですが、写真右端のギター(SSH)は、特に気になるなぁ~。個人的に注目しているストラトは ↓ 写真 ↓ の通り、3S , HSH , SSH と ピックアップの配列も多彩です。

基本的なスペック(共通スペック)は、

・Hybrid II Custom Voiced シリーズ ピックアップ
・サテン・フィニッシュの Modern ”C” シェイプのネック
・9.5インチ・ラジアス指板とナロー・トール・フレット
・ヴィンテージ・スタイル・サドル付きの2点支持トレモロシステム
・ヴィンテージ・タイプ・ロック式ペグ

となっております。ボディ材は、アルダーが基本となっており、一部でモデルにて、アッシュ、キルト・メイプル+アルダーが採用されております。ルカサー好きな自分は、やはり SSHがきになるなぁ~。2支点アーム、ロック式ペグ搭載との事より、フロイド・ローズ並のアーミングも可能かと思います。とても気になるギターです。

過去(2021年限定モデル)には、↓ このようなギター ↓もありました。1990年代頃のマイケル・ランドゥ好きには響きそうなモデル(このモデルも自分には響いてました・・・)ですね。ボディには、アーム用キャビティ加工も施されており、弦高を低くし、激しいアーミングも可能でした。

Made in Japan Limited Stratocaster with Floyd Rose

Fender Made in Japan Hybrid Ⅱ は、ここまで充実した仕様で、価格はお手頃です。円安がまだまだ続きそうな状況下、Suhr , James Tyler , Tom Anderson 等の外国製モダン・ギターは、更に " 高嶺の花 " になってますが、安心の日本製である Fender Made in Japan Hybrid Ⅱ は、外国製モダン・ギターにも負けない仕様かと思います。今後、日本製のギターも、材料(木材)の都合で、値上げしそうな状況ですので、今が狙い目かな。

最近では、Fender Made in Japan の カタログにはないモデル(楽器屋さん等の企画のセミ・カスタム・モデル?) " FSR " シリーズ(FSR:Factory Special Run)にも 注目しており、特に クロサワ楽器さんの FSRシリーズは、くすぐられるモデルが多いですね。リンクを貼っておきますので、是非チェックしてみて下さい。

www.kurosawagakki.com

今後も Fender Made in Japan に期待ですぅ!

 

クラスAアンプの隠れた名機

どうも、みちのくルカサーです。みなさんは、クラスAのギターアンプとして思い浮かぶアンプは、どんなアンプですか?ギターアンプとして 最も原始的 で シンプルな構造を持つ『 クラスAのギターアンプ 』。小出力なアンプで、構造故、真空管の寿命が短い等のデメリットはありますが、憧れのアンプの1つです。(ちなみに、ギターアンプのクラス(級)とは、音質のことではなく、音を増幅させるパワー管の動作の方法。クラスAのアンプは「音の立ち上がりが早い」「ノイズの少ない高音質なサウンド」等のメリットがあると言われております。)そんなクラスAのギターアンプですが、最近、VHT製のこのアンプが気になっております。

VHT / Special 6 Ultra

↑ VHTブランドのこのアンプですが、現 Fryette Amplification の製品ではなく、AXL Musical Instruments(現 Fryette Amplification が 訴訟で敗訴し、VHTブランドが使えなくなった)製品であり、正直申して 以前は全く興味がありませんでしたが、改めて仕様等を確認したところ、非常に魅力のある『 隠れた名機 』だと思います。価格も非常にお手頃ですし ・・・。

【仕様】
 ・出力:6W、4/8/16ohm
 ・真空管:12AX7×2、6V6×1、
 ・操作部:ワッツ、デプス、トーン、ボリューム、ウルトラ
 ・端子:フットスイッチ、エフェクトループ(センド/リターン)、
    ラインアウトインピーダンス切り替えスイッチ(4/8/16ohm)、
    スピーカーアウト×2

といった感じで、非常にシンプルですが、6V6管を備えたシンプルな出力段を備えながら、非常に贅沢な機能で、今でもマニアの間では語りぐさになっている異色のアンプのようです。特筆すべき点は、その歪み。とにかく単体でよく歪みます。従来のシングル・エンドにありがちな、音量任せの連動ブーストではなく、しっかりとプリ管とパワー管をそれぞれ独立して飽和させたモダンな歪みで、バリバリと無意味にピークが突出してしまう事もなく、リフでもソロでも実に制御しやすい粒立ちの揃った上質なハイゲインとの事。又、完全なハンドワイヤリングで、メンテナンスがしやすい。(写真は、Spesial 6 の内部)

個人的には、真空管の寿命以外は、魅力的で、非常に気になりますねぇ。気になるサウンドは、この動画でチェックしてみて下さい。

www.youtube.com

www.youtube.com

いかがでしょうか? 少ないツマミではありますが、音作りは多彩ですね。使用環境に応じ、スピーカーの低域の感度をコントロールできるテクスチャー・スイッチは、魅力的ですね。、エフェクト・ループ、更に二つの外部スピーカー・アウト、独立しているライン・アウト、フット・スイッチ・ジャック等、端子系も充実しておりますね。

↓ 充実している端子分 ↓

出力は、小さい(とは言え、真空管アンプですので、数値以上の出力、音圧は感じる)アンプですが、ステージでも使えそうかな・・・? このアンプは、是非とも試して観たいですね。

 

現VHT(AXL Musical Instruments)には、安価で魅力的な製品が色々ありそうです。是非このリンクより、ホームページをチェックしてみて下さい。

www.vhtamp.com

 

注目機材 ・・・ ORIGIN EFFECTS / Revival DRIVE

どうも、みちのくルカサーです。今回は、非常に気になる アナログ歪みペダル を紹介したいと思います。過去に紹介した歪ペダルとは、格の違いを感じます・・・。価格もですが・・・。

ORIGIN EFFECTS / Revival DRIVE↑ 2012年に創業した ORIGIN EFFECTS は、スタジオのラック・エフェクトに影響を受けたコンプレッサーやドライブ・ペダルなど、その高品質な製品は多くのプロ・ギタリストに高い評価を得ております。この Revival DRIVEは、アナログ回路によって模した真空管アンプのシグナル・パスを このサイズに搭載し、英国製あるいは米国製アンプのクリーン・トーンからドライブ・ノブを回し切った状態まで変幻自在のドライブが再現できるペダルとの事です。

まずは、気になるサウンドを聴いて下さい。(最初の動画は、Fender系、その次の動画は、Marshall系のサウンドです。)

www.youtube.com

www.youtube.com

う~ん ・・・ 実にオーガニックなサウンドですねぇ。これはいいなぁ~。日本代理店(宮地楽器さん)のホーム・ページ にて、この Revival DRIVE は、『 バルブチャンネルとシリコンチャンネル、異なる整流方法を模したヴァリエーションとして二つのチャンネルが用意されており、電圧降下によって生まれるアンプの微細なフィーリングの違いも再現しています。ヴィンテージアンプを目一杯歪ませた時に聞くことのできるダブルトーンやゴーストトーン、あるいはゴースティングとも呼ばれる微細ながらもヴィンテージアンプが持つマジックとも言うことのできるエフェクトを付与し、リードのラインに空気感を加え、強調することができます。』『 2系統のクラスAプリアンプステージでは本物のアンプのリアルなゲインステージや不自然さが一切ないクリッピング特性を、フェイズインバーターとプッシュプル式パワー・アンプステージではリアルな音色とシンメトリック倍音、微細なクロスオーバーディストーションと弾き方に鋭く反応するドライブ・キャラクターを生み出しています。』『 ビルトイン式のリアクティブロードによって、本物の真空管出力段とスピーカーキャビネットの相互作用や、リアルな倍音モデリングしています。』と記されており、真空管を使用していないながらも、あたかも真空管アンプサウンドを再現したとも解釈できる仕様で、非常に魅力的です。なにやらツマミだらけのこのペダル・・・。見てるだけでワクワクしますね。操作部は、こんな感じ ↓ です。

日本代理店(宮地楽器さん)のホーム・ページ にて『 数え切れないほどのクラシック・アンプのサウンドを聞き込み、良い音たらしめる要因とは何なのかを追求しました。そうして完成したRevival DRIVEは、ある一定の条件下において特定のアンプサウンドを再現するのではなく、あらゆるセットアップ、シグナルパスを通してもクラシック・アンプのサウンドを蘇らせることのできる究極のドライブペダルに仕上がりました。クラシック・トーンを再現するだけでなく、Revival DRIVEには様々なトーン・コントロールの要素が詰め込まれているので、そのドライブサウンドはプレイヤーの感性に応じて自在に表情を変え、全く新しいトーンを生み出すことさえできるのです。』とも記されており、このペダルに対する自信のほど、及び、他社製のペダルとは、コンセプトからして大きく異なる事が伺えます。

パネル背面のディップスイッチの操作によって、バルブチャンネルを第二のシリコンチャンネルに入れ替えたり、ブリティッシュ・スタイルあるいはアメリカン・スタイルの電源シミュレーションを切り替えてゴーストトーンの音程を微妙に変化させたりすることができます。またフラットなレスポンスのパワー・アンプやPA卓に直接Revival DRIVEの出力信号を接続するときには、オーバードライブエフェクトをバイパスにしたままトーンシェイピングだけをアクティブにしてプリアンプスタイルの音作りを行うことも可能。又、別売りのフットスイッチはミッドブースト機能とブレンドコントロールのオン/オフの切り替えに対応し、Revival DRIVEの使い勝手が向上し活躍の場がさらに広がります。

菰口さんの試奏動画は、このペダルの特徴、良さが表現されておりますので、是非ご欄になってください。

www.youtube.com

 

エモーショナルなアーム・プレイ

どうも、みちのくルカサーです。今回は、エモーショナルなアーム・プレイを得意とするギタリスト 及び オススメ曲を紹介したと思います。使い方次第では、色々なフレーズが奏でられるアーム(トレモロ・ユニット)は、ビブラート だけのユニットではなく、表現力豊かなツールとして、色々と使えますよね。

Jeff Beck ↑ エモーショナルなアーム・プレイと言えば、やはりこの人! 近年は、Fender製2支点ブリッジ(2-Point American Series Synchronized Tremolo)を駆使し、エモいフレーズを奏でてましたねぇ。この2曲は、特に最高かと思います。ピックを使わない(指弾き)の独特なアタック感、ハーモニクス、ボリューム奏法も活用し、エモさ満点!(たまりません)是非、チェックしてみて下さい。

Jeff Beck / Where were you     www.youtube.com

Jeff Beck / Somewhere Over the Raibowwww.youtube.com

 

Steve Lukather↑ 最近は、白髪頭が定着(?)してきた Steve Lukather。1980年代~1990年代途中までは、Floyd Rose を , ここ数十年は、Musicman製2支点ブリッジ(floating vintage tremolo)を駆使し、独特のアームプレイも武器にしてますが、エモいフレーズも、かっこよさ満載です。個人的には ↓ この2曲 ↓ が特にオススメですので、是非、チェックしてみて下さい。

Steve Lukether / The truth       www.youtube.com

Steve Lukather / Smile             www.youtube.com

春畑 道哉↑ 日本人ギタリスト史上初のFender U.S.A. 専属契約ギタリスト 春畑道哉さん。みなさんご存知の TUBE のギタリストですが、ソロ・アルバムも多数リリースされており、ギター・プレイ、ギター・サウンドは、聴き所満載。エモいフレーズは、このアルバム(8曲目:Everlasting Place)にて、堪能出来ます。

春畑道哉 / Find My Place      YouTube上に音源がなかった為、LINE MUSIC(30秒程度のショート判ですが・・・)にて、チェックしてみて下さい。

music.line.me

 

<番外編>

アーム・プレイ と言えば、この人 Brad Gillis !! Floyd Rose を駆使した エモいフレーズ、エグいフレーズの宝庫。40年も前から こんな事をやっていたんですね。今見ても、色々と参考になりますね。

www.youtube.com

 

エモーショナルなアーム・プレイ、是非みなさんのプレーにも取込んでみてはいかがでしょうか?

 

クランチ・サウンド、たまりませんねぇ

どうも、みちのくルカサーです。クリーン・サウンドより 僅かに歪んだ " クランチ・サウンド " って(個人的な感想ですが・・・)弾いていても、聴いていても、非常に気持ちの良いサウンドだと思います。クランチ・サウンドは、機材によっても、人によっても 様々であり、非常に奥が深いサウンドだと思います。(故に、いつしか クランチ・サウンドの虜に ・・・ )今回は、色々なギタリストのクランチ・サウンドを紹介したいと思います。オーソドックスなクランチ・サウンドもかっこいいですが、最近では、EMGピックアップで奏でる スティーブ・ルカサーのクランチサウンド(最後の動画)が好きかなぁ。クランチ・サウンドを研究している人は、是非チェックしてみて下さい。

Little Wing / Jimi Hendrix        www.youtube.com↑ クランチ・サウンドの定番ですかね。やはりかっこいいなぁ~。多くのギタリストもカヴァーしてますね。(この後、いくつか紹介させて頂きまぁす)

その1 : Little Wing / Stevie Ray Vaughan↑ 本家(Jimi Hendrix)より、程よいクランチさがあり、非常に気持ちの良いサウンドですね。

その2 : Little Wing / John Mayerya↑ 勢いを感じますねぇ。個人的には、非常に気持ち良さも感じますぅ。

その3 : Little Wing / Sanne Salomonsen with Robben Ford ↑3:19頃から始まる Roben Ford のソロ、たまりませんねぇ。アンプは、やはり Dumble ですかね。

その4 : Little Wing / Steve Lukather↑ モダンなクランチ・サウンドと言った感じ(?)ですが、コレはこれでありかと・・・。

 

Little Wing 以外のクランチ・サウンドも紹介したいと思います。

 

Phone Booth / Robert Cray     www.youtube.com↑ クランチ控えめのサウンドですが、ソウル・フルな歌声との相性が非常に良いサウンドですね。かっこいい!

Gravity / John Mayer               www.youtube.com↑ 2:15頃からのソロ、メチャクチャいい音てしますねぇ。

Stone Cold / Jimmy Barnes feat. Joe Bonamassa 

www.youtube.comストラトサウンドとは ひと味違った Joe Bonamassa ならではの クランチ・サウンド。このフレーズで、このサウンド ・・・ たまりませんねぇ。

Lights / Journey(Neal Schon)

www.youtube.com↑ Journey では 定番ソングの Lights 。ストラトのフロント・ピックアップ・サウンドが非常に合いますねぇ。

Change The World / 佐藤竹善 with Charwww.youtube.com↑ MATCHLESS + ストラトのフロント・ピックアップより奏でられる クランチ・サウンド、たまりませんね。2:44頃からのギター・ソロは、必聴!

Shine On You Crazy Diamond / Steve Lukatherwww.youtube.com↑ オリジナル(Pink Floyd)とは ひと味違った Steve Lukather による Shine On You Crazy Diamond ですが、メチャクチャかっこいいサウンドです。今時点、理想的なクランチ・サウンドですね。

 

みなさん、いい音てしますねぇ。

 

Wide Spectrum Silent Circuit について

どうも、みちのくルカサーです。今回は、Musicman製ギター(Silhouette , Cutlass 等)に搭載されている " Wide Spectrum Music Man® Silent Circuit " について語ってみたいと思います。進化した LukeⅢ(Musicman製ピックアップ搭載品)にも、この " Wide Spectrum Music Man® Silent Circuit " が搭載されております。

この " Wide Spectrum Music Man® Silent Circuit " は、一言で言えば『 ダミー・コイルで、ハム・キャンセル をし、ノイズを最小限化するモジュール 』です。以前、某楽器屋さんにて Musicman Cutlass を試奏したことがありますが、ハイゲインでもノイズが非常に少なく、とても優秀なモジュールだと感じました。

この " Wide Spectrum Music Man® Silent Circuit " は、Musicman の マスター・ルシアーである Dudley Gimpel によって開発され、特許も取得済みとの事です。現在、Silhouetteシリーズ、Cutlassシリーズ、Valentine、Albert Lee Model に搭載されておりますが、スティーブ・ルカサーが Cutlass を試した際、そのシングル・コイルのサウンドに惚れ込み、そのサウンドを LukeⅢに、そのまま取り入れたとの逸話がございます。常に進化を追い続ける 貪欲なルカサーらしいですね。尚、LukeⅢ(SSHモデル)では、バック・パネルの基板上に、ハム・キャンセルのポイントを微調整できるアジャスター(以下写真参照)を備えています。これにより、ハイゲイン時にも限りなくハムノイズを抑えることができ、さらにノイズキャンセルの具合次第で任意での音色調整を行う事も可能。よく考えられておりますね。

EMG から パッシブ・ピックアップへ乗り換えた スティーブ・ルカサーですが、ノイズ対策には、こんな秘密があったのですね。

尚。ご興味のある方は(英語版にはなりますが)こちらのリンクより、詳細をチェックしてみて下さい。

blog.music-man.com

hoochiesさんのホームページにて、LukeⅢの気になる機材が掲載されておりますので、こちらもチェックしてみて下さい。なかなか参考になります。(LukeⅢが欲しくなります・・・)

www.hoochies.info