みちのくルカサーのブログ

音楽、ギター、機材等について綴るブログ

エレキの神様 逝く・・・

f:id:michinoku_lukather:20210620201008j:plain

どうも、みちのくルカサーです。『 エレキの神様 』で親しまれた 日本の偉大なギタリストである 寺内タケシさん が 6月18日夜、82歳で この世を去られました。寺内タケシさん といえば、ベンチャーズ世代には、憧れのギタリストだったと思いますが、クラシック、民謡等をエレキギター風にアレンジした楽曲も魅力的でした。古い話ですが、自分の居た高校は、年に一度 " 芸術鑑賞教室 " というのがあり、高校二年生の時の芸術鑑賞教室にて、我が校に 寺内タケシ&ブルージンズ が来てくれました。(ちなみに、高校一年生の時の芸術鑑賞教室は、歌舞伎でした。)寺内タケシ&ブルージンズ の生の演奏を目の前で見て、非常の感銘を受け、すぐさま CD を買いに行きました・・・。それが、これ ↓

寺内タケシ&ブルージンズ ライブ・イン・新宿コマ

f:id:michinoku_lukather:20210620195058j:plain

歪んでいなくても、かっこいいです。ベンチャーズの曲を始め、色々な曲を演奏してくれましたが、『 レッツゴー運命 』『慕情』『津軽じょんがら節』は、最高に かっこよかったなぁ。

 

寺内タケシさんは、昭和37年に結成したバンド『 寺内タケシ&ブルージーンズ 』のギタリスト(当時の言い方では、エレキギター奏者かな?)として大活躍。昭和40年には、ザ・ベンチャーズの来日公演をきっかけに、エレキギターブームが巻き起こり、いわゆる「テケテケ奏法」と呼ばれる ギターテクニック(?)で ギターファンを魅了。(この年に公開された加山雄三さん主演の映画、「エレキの若大将」にも出演しています。)ちなみに当時は、エレキギターを持っている若者は不良(エレキギターは 非行を招く)と呼ばれた時代。(今では考えられませんが・・・。)寺内タケシさんは、エレキギターの音楽が子どもたちの非行を招くという誤解を解こうと全国の高校などを回ってコンサートを行う活動を続け、平成12年に文部大臣から感謝状を贈られるなど、教育の分野でも高い評価を受けてきました。寺内タケシさんのコンサートに行けば、必ずこのお話が聞けます。(ライブ・イン・新宿のアルバム 10曲目後半で、この 有難いお話が聞けます。必聴!)エレキギターを本当に愛していた方だとよく分かります。このお年まで、この熱意を持って演奏されていた事、尊敬致します。

 

↓ レッツゴー運命 ↓

www.youtube.com

↓ 慕情 ↓

www.youtube.com

津軽じょんがら節 ↓

www.youtube.com

 

まだまだ 寺内タケシさんの演奏が聴きたかったなぁ。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

※ 最初の写真、非常にいい顔してますね。

オススメ 書籍

どうも、みちのくルカサーです。今回は、ルカサー好きには堪らない オススメ書籍のご紹介です。その名も " LEGENDARY GUITARIST STEVE LUKATHER " です。

 

" LEGENDARY GUITARIST STEVE LUKATHER / シンコーミュージック "

レジェンダリー・ギタリスト 特集○スティーヴ・ルカサー (シンコー・ミュージックMOOK) | |本 | 通販 | Amazon

本書籍は、

(1) ルカサーの機材(過去~現在)

(2) 過去に掲載されたインタビュー

(3) 必聴ルーク参加セッション作品紹介

(4) ルーク座談会(ルカサー好きギタリスト大放談)

(5) ルーク奏法徹底分析

等々、見所いっぱいで、ルカサー好きは、是非 持っていたい一冊です!個人的は、ルカサー機材(アンプ、エフェクター)は、よくチェックしております。(ヤングギター掲載されていた記事の為、ギタリスト目線の非常に分かりやすい説明!)スタジオ・ギタリストならではの音への拘り、良い音を出す工夫は、非常に参考になります。私もかなりパクらせて頂きました。

 

2013年出版の本で 既に絶版のようですが、中古では取り扱いがあるようです。ご興味のある方は、是非!

www.amazon.co.jp

 

 

 

 

ピックアップに関して・・・

どうも、みちのくルカサーです。長い間、EMG製ピックアップを好んで(メイン)使っておりますが、ここ最近は、パッシブ・ピックアップの音が好みになってきました。最近の宅録(デジタル機材使用)時に、パッシブ・ピックアップの方が、音の " オーガニック感 " を感じます。EMG製ピックアップもノイズが少なく、便利に使える優等生ピックアップですが、最近では 乾いた(カサカサした)音のように感じ、パッシブ・ピックアップ独特の " オーガニック感 " は、なかなか出せません。(自分の音作りが下手なだけかとも思いますが・・・)故に、ここ最近のメインギターは、↓ これです。

michinoku-lukather.hatenablog.com

 

ちなみに、スティーブルカサーも、EMG製ピックアップを長年(30年近く)使ってましたが、2012年頃より パッシブ・ピックアップ搭載ギターをメインで使ってますよね。まだ、試した事はありませんが、スティーブ・ルカサーが使用している Dimarzio製ピックアップ(現在は、Musicman製オリジナルピックアップですが)は、非常に興味があります。

Dimarzio / DP255 Transition (Steve Lukather Model)

DIMARZIO ( ディマジオ )  / DP255 F-SPACE NICKEL Transition Bridge

このピックアップを使ったサウンドは・・・ ↓

www.youtube.com

こりゃ、たまりません・・・!!

こんな雰囲気のあるサウンドが出せるのは、さすがです。フロントの音も非常に抜けており、音作りがしやすそうですね。ちなみに、リード(ソロ)サウンドは、

www.youtube.com

いいですねぇ~。使う機材にも寄るのでしょうが、非常に明るく、歪んでもクリアで、オーガニック感を感じます。現在メインの Musicman Axis Sports に載せ替えてみようかなぁ? 

 

ちなみに、最近のスティーブ・ルカサーのピックアップ(Musicman製オリジナルピックアップ)による サウンドは、こんな感じ ↓ です。より 明るくなり、オーガニック感を感じます。かなり、抜けが良さそうな音ですね。

www.youtube.com

最近のスティーブルカサーは、昔と違い、ストレートなサウンド(余計なエフェクターをかけていない)で、格好いいサウンドですよね。(ロックしてます!)

 

 

クリーンアンプのすゝめ

どうも、みちのくルカサーです。過去のブログにて、アンプで作る歪みに関し 色々と綴って参りましたが、ここ最近、歪みの音作りにおいて クリーンアンプを使うこと(クリーンアンプ + 歪みペダル)にハマっております。個人的な見解ですが、クリーンアンプなら何でも良いと言うわ訳ではなく、以下のクリーンアンプであれば、歪みペダルを使っても極上な歪みサウンドが作れると思います。

 

1. きらびやかなクリーンサウンド

2. 張りのあるクリーンサウンド

 

上記のサウンドが出るアンプでのオススメは、フェンダー製の真空管アンプ ですね。JC は、無難なアンプではあるものの『きらびやかさ』『張り』が少なく、歪みペダルを使って音作りをしても、しっくりきません。尚、『きらびやかさ』と『張り』が 歪ペダルと相俟って、極上な歪サウンドになっていると思います。みなさんも、是非試してみてください。

 

以前は、ラック機材を多用していた Michale Landau大先生も、近年は、クリーンアンプ + 歪ペダルのようで、音作りの参考になります。

 

↓ Michale Landau大先生の機材 ↓

f:id:michinoku_lukather:20210530200444p:plain

↑ アンプは、Fender / Hot Rod Deville かな?

 

↓ 足元(エフェクトボード)↓

f:id:michinoku_lukather:20210530185738p:plain

↑ Maxon / SD-9, Roger Mayer / Voodoo-1 等の複数の歪ペダルを使い分けているようです。ちなみに、歪ペダルボード と 空間系ペダルボード を敢えて分けているようですね。

 

↓ これ、いいなぁ~。↓

www.youtube.com

 

↓ 参考まで、Michale Landau大先生のサウンド

www.youtube.com

 

歪みの旅は、終わりがありませんねぇ~。

 

注目機材(FRIEDMAN BE-mini)

どうも、みちのくルカサーです。2020年のNAMMショーで注目が集まっていた " FRIEDMAN / BE-Mini " が、遂にリリースされることとなりました。(日本での発売は、5月末の予定)いやぁ 非常に楽しみなアンプです。FRIEDMAN といえば、ギター小僧 憧れの ジューシーな歪みが非常に魅力のアンプです。

 

FRIEDMAN / BE-mini

Friedman BE-Mini 30-watt Head | Sweetwater

↑ ルックスもなかなか魅力的・・・。又、このコンパクトサイズも魅力ですねぇ。ちなみに、BE-mini の特徴は、

・1 チャンネル

真空管ではなく、ソリッドステート

・出力 30 W

・Send / Return 端子付き

・手のひらサイズ

・重量 約 1.8 Kg

・お値段、お手頃価格!

 

日本の住宅事情も考慮された(?)仕様ですね。又、コンパクトなので、スタジオ、ライブへの持ち運びも、かなり楽そうです。肝心のサウンドですが、動画を見る限り、FRIEDMAN のジューシーな歪みは、ばっちりですね。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

真空管アンプと言われても、誰も疑わないのでは・・・? 実際の音圧、空気感は、試奏してチェックしてみたいと思いますが、かなり良さそうですね。みなさんも、是非チェックしてみて下さい。

ハムバッカーの配線について

どうも、みちのくルカサーです。今回は、ピックアップ(ハムバッカー)の配線による 音色の違いを ご紹介したいと思います。ご存知の通りハムバッカーは、 2つのコイルを持つ構造ですが、2つのコイルの接続(配線)方法を 工夫することで、色々な音が出せますので、音の表現の幅も広がります。又、ハムバッカーの種類によって、音のニュアンスも変わります。是非、色々と試してみて下さい。

 

1. ハムバッカーの芯線数

ご存知の方も多いと思いますが、ハムバッカータイプのピックアップは、『 2芯タイプ 』と 『 4芯タイプ 』があります。色々な配線をするには、『 4芯タイプ 』をお選び下さい。

 

2. 配線の種類

ハムバッカーの配線方法の種類は、以下となります。

・ シリーズ(直列)

・ パラレル(並列)

・ コイルタップ(スプリット)

・ フェイズアウト

 

(1) シリーズ配線

いわゆる普通の配線(みなさんお馴染みのハムバッカーの音)です。2つのコイルを直列で配線しているのです。配線は、こんな(↓)感じです。ちなみに 2芯タイプハムバッカーは、内部で既に 2つのコイルが接続されており、外から見た場合、2芯となっております。

f:id:michinoku_lukather:20210516173838j:plain

 

(2) パラレル配線

明るく、張りのある シングルコイルに近いサウンドになります。シングルコイルを2つ並べる配線構造ですので、3S ストラトで例えるなら、リア+センター 又は、フロント+センター の いわゆる 『ハーフトーンサウンド』に近い音が出せます。ちなみに ノイズは少なめです(ハムキャンセルされる)ので、使い勝手が良い音ですね。配線は、こんな(↓)感じです

f:id:michinoku_lukather:20210516174023j:plain

 

(3) コイルタップ配線

パラレル配線同様に明るい音で、シングルコイルに近いサウンドになります。コイルタップの場合は、1つのコイルのみの接続となる為、従来のシングルコイル同様に、ノイズが多めになります。(ハムキャンセルされない) 配線は、こんな(↓)感じです

f:id:michinoku_lukather:20210516174207j:plain

 

(4) フェイズアウト配線

悪く言えば、細い音・・・ですが、個性的な音です。(言葉での説明が難しい・・・)代表的なギターで言えば、ブライアン・メイ の Red Special や フェンダームスタングには、フェイズサウンド用のスイッチが搭載されており、フェイズサウンドが楽しめます。配線は、こんな(↓)感じです

f:id:michinoku_lukather:20210516174343j:plain

 

個人的に興味のある Ibanez AZ シリーズ(2ハム)は、上記のような配線を使い、2ハムなのに、多彩な(5 Way スイッチ)音色が出せ、とても魅力です・・・。

 

実施のサウンドは、動画でチェックして下さいね。

↓ シリーズ/パラレル/コイルタップ配線 ↓

www.youtube.com

↓ フェイズアウト配線 ↓

www.youtube.com

 

 

注目機材(パワードスピーカー)

どうも、みちのくルカサーです。ライブでプロセッサー(マルチエフェクター)を使用する場合、そのサウンドを『 ラインで直接PAに送る 』又は 「 ギター・アンプのセンド/リターンにつないで音を出す 」 いずれかになるかと思いますが、『 PAに直接信号を送ると、ステージのモニター・スピーカーからギターの音が充分に聞こえない  』 「 ギター・アンプを使用するとアンプの特性に左右され、プロセッサー(マルチエフェクター)内で作成したサウンドとは異なった音となる 」 そのような経験(お悩み)ございませんか? そんな お悩みを解決する " フル・レンジの再生能力を持ったスピーカー(パワードスピーカー)" が、各社よりリリースされておりますので、紹介させて頂きます。やっぱり、自分の作った音は、ステージでもそのまま再現したいですよね。

 

1. LINE6 / POWERCAB

Line 6 ( ライン6 )  / Powercab 112 Plus

↑ スピーカーは、12” を採用。特徴は、以下の通りですが、普通のギター用パワードスピーカー(プリアンプをつなげる)機能が付いているのは、有難いですね。Helix と 一緒にご検討されては?

<特徴> 
・フラット・モード 又は スピーカー・モード
・6種類のスピーカー・モデルを搭載
・インパルス・レスポンス(IR)をロード可能
・ステレオ・フィールド拡張のためのステレオWidthコントロール
・最大音圧 125dB SPLを実現する250W(クラスDアンプ)
・フラット・モ ード で 70Hz~20kHzのニュートラルな周波数特性
・プリセットを最大128種類保存可能
MIDI I/O、AES/EBU I/O、L6 LINK、USBオーディオ・インターフェース
・重量:15.8kg

line6.jp

www.soundhouse.co.jp

 

 

2. HEADRUSH / FRFR-112

HEADRUSH ( ヘッドラッシュ )  / FRFR-112

 

↑ LINE6同様、スピーカーは、12" を採用(廉価版(FRFR-108)では、8" スピーカーを採用)。LINE6 とは異なり、ギター用パワードスピーカー機能はないようです。LINE6 に対し、お値段が半分というのは魅力ですね。

<特徴>

・ピーク時2000W(1000W平均)
・XLR/TRS 1/4" コンボ入力 x 2
・入力毎に独立したボリュームコントロールおよびクリップインジケータを装備
・低音および高音の+3dB ブースト可能なコンツアー・スイッチ
・グラウンド・リフトスイッチ増備
PAへミックス信号の出力が可能なXLRアウトプット端子
・床置、ポールマウント(35mm)に対応
・重量:約16kg

www.headrushfx.com

www.soundhouse.co.jp

 

3. Laney / LFR112

Laney ( レイニー )  / LFR112

↑ Laney からも出てました! シンプル機能で使いやすそうです。

<特徴>

・出力: 200W(RMS)
・47HZ - 20KHZのフルレンジ・フラット・レスポンス
・DI: XLR DI OUT - CABINET EMULATED
・AUX端子付き
・重量: 約13.0kg

www.laney.co.uk

www.soundhouse.co.jp

 

最近は、本当に便利なアイテムがたくさんありますよね。是非、楽器屋さんで試奏してみて下さいね。